赤ら顔で紅潮しやすい事をからかわれ…無印良品で褒められる肌に

私は、現在30代前半の女性です。

元々から赤ら顔で紅潮しやすい皮膚をしています。

寒い時期に室外から室内に移動したり、

ちょっとしたことで恥ずかしいなと思ったり、すごく焦ったりすると、

すぐに紅潮して赤くなって困っていました。

幼い頃はそれでよくからかわれることがありました。

 

 

思春期ニキビをつぶしたり……赤ら顔に拍車をかける原因にも

赤ら顔に拍車をかける事になったのは、

思春期真っただ中の中学生の頃でした。

この頃、ホルモンバランスの乱れからくるお肌のトラブルで、

顔にニキビができたり、できものができたりしていました。

 

現在のように、薬や化粧水で整えたりする知識がなかった私は、

無謀にも自分の手でニキビをつぶしたり、ひっかいたりしていました。

とにかく、自分の顔のトラブルをなんとかしたい一心でした。

 

 

そんな処置をしていた為、当然一向に治る気配はありませんでした。

それどころか拍車をかけるように荒れに荒れ、

ますます赤ら顔に悩まされることになります。

その後、皮膚科に行って薬を塗ってみても、

思ったように治りませんでした。

 

この中学生の頃にした処置がいけなかったようで、

大人になって本格的に化粧をするようになっても、

赤ら顔を隠すことができませんでした。

 

 

周囲の年頃の女の子がみんなツルツルのキレイな肌をしているのに、

私は荒れに荒れてボロボロの赤ら顔でした。

お店などで、プロの方からお化粧をしてもらっても、

なんだか違うなぁと思う仕上がりになることばかりでした。

 

どうしてみんなと私の肌は違うんだろうと悩んだんですが、

この時になって初めて、

自分が「元々から皮膚が薄い」「刺激に弱い肌質」なんだと気付きました。

とにかく、自分に合った化粧品を探すことが大変でした。

 

 

やっと出会った化粧品は無印良品!化粧水をたっぷり使った結果

そんな経緯で、いくつも化粧品を渡り歩きましたが、

「これなら大丈夫!」と思えたのが、

無印良品の敏感肌用の高保湿タイプの化粧水(400ml・1200円)です。

安くて量も多く、水にこだわって作られているので、

安心してパシャパシャ使っています。

 

今までの基礎化粧品は、季節の変わり目などにピリピリすることが

多かったのですが、こちらの化粧水は

そんなトラブルもなく安心して使っています。

また、同じく無印良品のエイジングケア用のクリーム(45g・1490円)も

使っていますが、なんのトラブルもなく使えています。

 

 

メイクも肌に優しいものを使用。今では褒められる肌に変わった

ファンデーション関係は、

KATEのミネラルマスクBB(30g・1500円)を使っています。

このBBクリーム自体が、肌の色を均一にキレイに見せてくれて、

何のトラブルもなく使えています。

 

またその上からベビーパウダーの

ピジョンの薬用固形パウダー(45g・430円)を

ブラシではたいています。このベビーパウダーは、

普通の化粧品用のパウダーよりも厚ぼったく仕上がったりしません。

 

 

KATEのBBクリームが薄付きでもキレイに肌をカバーしてくれるし、

ベビーパウダーにしてから、もっとお肌に負担がかからずに

仕上がるようになりました。

 

赤ら顔に刺激は良くないのですが、これらの化粧品にしてから

かなり赤ら顔が改善されました。

今では、むしろ肌質が向上し、

肌の白さを誉められる事が多くなったくらいです。