肌が薄く冬は顔だけ真っ赤。高保湿「illume」を使った結果

私は、34歳女性です。

生まれつきのアトピー性皮膚炎で幼い頃から皮膚がとても薄く、

痒みを引き起こしては顔から体まで掻きむしってしまい傷だらけでした。

皮膚が薄いことで紫外線にも弱く、

春夏は日中1時間外に出ていただけでも顔が真っ赤に腫れ上がる程でした。

そんな学生時代を送りましたが、次第に大人になるにつれ、

アトピー自体の症状は収まっていき、今では周りの人に

本当にアトピーだったの?!と驚かれます。

かかりつけの病院では幼い頃から、

大人になれば体質が変わって治ることがあるよと言われていたので、

その通りになり今ではアトピーのストレスもなく過ごしているのですが、

肌は薄いままです。

肌が薄い事が原因でもあって、昔からの赤ら顔は治りませんした。

肌はとても白く、赤い頬がとても目立ち、

気になるのでファンデーションを頬に厚塗りしてみたり、

コントロールカラーで赤い頬を隠すようにしていましたが、

年を重ねてくるとファンデーションの厚塗りが、とても老けて見え、

小さなシワにファンデーションの粒子がたまり

シワを余計に目立たせていました。

冷え性で顔だけが赤くなる…気付けばコンプレックスに

夏場はそれほど赤ら顔が気にならないのですが、冬場は冷え性もあり、

手足は冷たいのに顔だけがカッカと熱くなってしまい、

もともと赤い頬が余計に真っ赤になってしまい、

指摘されて笑われることも多々ありました。

手足を冷やさないように気をつけたり

色々情報収集して対策をしてみましたが気休め程度です。

頬が赤いことは自分にとってもはや当たり前のことなのですが、

しっかりとコンプレックスになっていることを

大人になってから自覚しました。

数年前に、どうしたら赤ら顔は改善されるか色々調べてみたところ、

様々な原因はあるものの私に当てはまるのは、

薄い皮膚が毛細血管を目立たせていることです。

皮膚を健康的に、刺激などでより薄くならないようにするためには

日頃から保湿を心がける必要があるということを知りました。

それからは保湿力の高い基礎化粧品を選ぶようにして使っていきました。

科学的んな物質により刺激がつよい化粧水等は

皮膚を今以上に薄くしてしまうので

少しでもピリっとしみたら使うのをやめました。

保湿は大前提!ようやく出会った基礎化粧品「illume」

年齢的にもアンチエイジング効果も欲しいので、保湿は大前提におき、

他にセラミドやヒアルロン酸を含むものを探し最近ようやくコレだ!!と

思える基礎化粧品に出会いました。

【illume】(イリューム)です。

美容液を先に塗り、化粧水、乳液と3ステップで完了するお手入れです。

保湿力が高く、もちろん刺激もありません。

翌朝ふっくらとした健康的な艶のある肌で、その上にファンデーションを

塗っても軽く塗るだけで潤いの光で赤みも気になりません。

顔の赤み自体もかなり落ち着きます。

今後は長期に渡ってillumeを使い続けていこうと思っています。

とてもオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする