市販で赤ら顔の化粧水は無いらしいのでネットでULUを注文!

私は37歳の女性です。

出身は東北の雪の多い地域で育ち、

幼少期から赤ら顔に悩まされていました。

昔の写真は全て頬っぺたが真っ赤っかでりんご病のようです。

大きくなるにしたがって少しはマシになってはきましたが、

普通の人と比べるとまだかなり赤ら顔でした。

高校生の時に家族で都会に引っ越して、赤ら顔をからかわれることが多く、

りんごちゃんというあだ名で呼ばれ嫌な思いをしました。

りんごちゃんと言われ…効果のあるといわれるものを片っ端から試す

高校2年生くらいから化粧を覚え、ファンデーションで隠していましたが、

それ以外に赤ら顔を隠す方法は見つかりませんでした。

大人になったも人前で化粧を落とすことができず、

すっぴんの自分の顔が大嫌いでした。

半ば諦めていた頃、

雑誌で赤ら顔に効果があるスキンケアの特集を見つけました。

その中で効果があったというものを片っ端から試すことにしました。

化粧水から美容液までいくつか試しましたが

満足のいく結果は得られませんでした。

私は赤ら顔の化粧水を薬局で探していたのですが、

どうも赤ら顔の化粧水は市販では売ってないという記事を見つけまして…。

結局、上の記事に書いてある「ULU」をインターネットで購入しました。

この化粧品は、化粧水から乳液、美容液までが

オールインワンになっているもので、

敏感肌の人におすすめとのことでした。

使ってみると、刺激が全くなくスーとなじむ感覚でとても潤いました。

セラミドを補ってくれ無添加で肌に優しい感じです。

すぐにはわかりませんが、使っていくうちにだんだんと

赤みが引いていくのがわかるような感じです。

2カ月使い続けると殆ど目立たないほどに赤ら顔が改善

2ヶ月毎日のよう使い続けると、

赤ら顔がほとんど目立たないぐらいまで改善しました。

同じULUの、インナーモイストサプリメントという商品もあり、

こちらはサプリを飲んで体の内側から赤ら顔を治すというものでした。

化粧水と一緒にこのサプリメントも飲むことにしました。

さらに1ヶ月経つとさらに改善されたのがよくわかりました。

今まではコンシーラーをしっかり塗った上に、

ファンデーションを重ね塗りしないと隠れませんでしたが、

今ではコンシーラーは使うことはありません。

ファンデーションも重ね塗りをしなくても目立ちません。

私にはかなり効果があった商品だと思います。

ULUのオールインワン シェイクモイストミルクは

約1ヶ月分で4,500円+送料で、

ULUインナーモイストサプリメントは1ヶ月分で4,000円くらいでした。

決して安くはありませんが、とても満足のいく結果になったので

何本かリピートして使い続けました。

今はすっぴんに自信が持てるようになって嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする