お猿さんと言われた赤ら顔の私を救った「シェイクモイストミルク」

私は、42歳、女性、主婦です。

若い頃から、赤ら顔に悩んでおり、

お猿さん、お猿さん、と回りから、からかわれて、

つねに自分にコンプレックスをかかえて生きていました。

化粧でカバーしても、顔の赤みが勝って、恥ずかしいあまりに、

外を歩くこと、人に接することを自分から

シャットアウトしてしまう性格になってしまっていました。

もちろん、外出するときは、マスクをつけて、

できるだけ肌を見せないようにしていたのです。

皮膚科へ通うも効果は無く…そんな時に出会った雑誌の記事

皮膚科へも通いましたが、赤ら顔が治る傾向はなく、

どうしていいのか、悩んでいたときに、雑誌で、

赤ら顔が、化粧品で治ったという記事を見たのです。

私は、藁にもすがる気持ちで、飛びつきました。

赤ら顔の人って、皮膚の表皮が薄いことが

少しの刺激だけで皮膚が炎症をおこしてしまい

赤くなってしまうことが分かりました。

肌の奥までセラミドを浸透させてくれるシェイクモイストミルク

赤ら顔の対策には肌のバリア機能を上げて、肌への潤いが必要なのです。

そのために、重要なのはセラミドを肌にしっかり補うこと。

私が購入したのはシェイクモイストミルクという商品です。

シェイクモイストミルクは赤ら顔で悩む人のために開発されたそうで、

肌の奥まで無理なくセラミドを浸透させてくれるんです。

これ一本で洗顔からクレンジングまでできて、美容液の効果もありました。

使用してみて感じた、保湿感ですが、しっとりと潤ってくれましたので

満足いく感じが、第1印象でした。

使い続けて一カ月。少し赤みが引いてきた

1ヶ月使い続けていると肌が滑らかになる感じがありました。

そして、少しですが、赤みが引いていっている感じがしてきました。

使ってすぐに効果を実感できるという印象はありませんでしたが、

長く使っていくにはとっても良い化粧品だと思います。

そして、肌にとっても優しい、無添加化粧品だそうで、

安心して使うことができました。

赤ら顔で悩んでいる人のために、赤ら顔専用化粧品です。

病院で、色々処方してもらっても、治らなかった赤ら顔が、

市販のシェイクモイストミルクに出会えて、

治すことが、私はできたのです。

まさに、神のような商品でした。

1週間、2週間で、効果が出るような、即効性はないのですが、

ゆっくり、セラミドを肌に浸透させて、肌を潤わせて、

そして、肌のバリア機能を強くしてあげる。

これが、赤ら顔を治していく、大切な過程なのだと痛感しました。

今、赤ら顔で、とても悩んでいる方は、

他にもたくさんいらっしゃると思います。

私の体験談が参考にしていただければ、幸いです。

赤ら顔は、治りますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする